近況です

久しぶりの投稿となります。

コロナがようやく落ち着いてきたようですね。気を付けながら、でもこれから、蒸し暑くなりますので、熱中症にならないように、皆さまどうぞ健やかにお過ごしください。

この2年間の感染対策

サロンでは変わらず消毒・換気などをコロナ感染対策のネイルサロン向けのガイドラインに沿って行っております。

ガイドラインについての変更が出るまでは引き続き行って参ります。

「他でこんなに対策をしてるところ見ないよ」と教えて頂いたりしています。

自分がもしお客さんで行く場所、特に長時間滞在するとわかっている場所では

安心したいと思うので、そこは可能な限り行いたいなと思っております。

しかしその一方で消毒や換気対策のため、皆様にはご不便をお掛けして参りました。

換気や消毒に充てる時間が要るのでどうしても詰めて予約をお取りできなかったり、体調不安がある場合は

キャンセルさせて頂いたり、窓を開けているため、クーラーや暖房器具をハードにかけても気温がベストな状態ではないこともあり、申し訳なく思っております。

また、フェイスシールド越しでこの2年施術をしていたら、本当に目が悪くなりました・・・

ずっと靄がかかっている中で目を凝らして行うので、目の酷使が尋常ではなく、

かといって完成度を落とすわけにはいかないので、半導体をピックする時にも使える拡大鏡なども併用しつつ、、

色々と試行錯誤しながら、新しい発見や学びがある日々を過ごしています。

今後は細かいアートの時は、お客様に許可を頂いた上で一時的にフェイスシールドを外させていただくこともあるかもしれません。

もちろん、お客様と私の間の大きなシールドは常時設置しておりますので、ガイドライン上は実はこれで十分です。さらにフェイスシールドをしているのは私が念のため、で行っています。

最新版ソース↓

https://www.nail.or.jp/media/pdf/information/salonguide.pdf

抜粋

ネイルサロンにおける新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン<Ver.7>…お客様と施術者は常に正しくマスクを着用すること。施術の際は換気に注意をしたうえで対 面での飛沫感染防止のため対面遮蔽用の「ビニールカーテン」または「アクリル板」などのス ニーズガード※1を設置し遮蔽すること。スニーズガードの設置ができない場面では、施術者 はフェイスシールドとマスクの両方を着用すること(フット施術等)。施術後はスニーズガード の消毒または除菌を行うこと。

最近のアートや色使い

これから先、もう少し平常に戻っていくといいなと希望を持ちつつ、新しい材料、素材、アートを施術する機会が増えてきました。

最近はファッションも明るいカラフルな色が増えてきて、目を楽しませてくれています。

ネイルアートやネイルの色も、徐々に皆様の選ぶ色が明るい色やキラキラしたものに変化してきています。

コロナで直接足を運びずらかったネイル問屋さんにも、最近はちょこちょこ行けるようになってきました。

やはりネットで画面を見て材料を仕入れるより、実物を見ると輝きや色、パーツならサイズ感がわかって、とてもテンションが上がってきます。

最近仕入れたもの達をお客様方にお見せすると、皆さんとても喜んで下さって、私もとても嬉しくアートをしまくっています。

やはり女性が綺麗でキラキラしておしゃれを楽しむ姿は、周りを幸せにしますね・・♡

こうやって幸せな気持ちの連鎖が起きたらとても良いですね。

個人的に感じるのは、景気が良い国や時代の女性は、ファッションもメイクもネイルも若干派手なくらい。

美容の勉強をする中で、年代ごとの世界のファッション、当時の美容術といった歴史についても学ぶのですが、まさにそういう感じがします。

女性が綺麗な方が見ていて楽しいですし、沈んだ気持ちを元気づけてくれる気がします。

サロンを長くやっていて感じるのは、震災、コロナの直後のネイルのオーダーはダークなトーン、ワンカラーなど、シンプルなデザインが多かったのです。

最近は、ちょっと変わってきたように感じるので、久々にアートを考えたりとワクワクしております。

戦争とか、物価高とか、色々と沈むことが多い日々ですが、サロンでは皆さんから日々の色々なお話を伺って

のんびりと穏やかな空間になっております。

ネイルが少しでも気持ちを明るく楽しく美しく装うための一部になれたら、とても嬉しいです。